サポ・援交・割り切りで出会えている時間の相場とは?

サポ・援交・割り切りで出会っていられる平均時間

時計

サポ(援助交際)で出会っていられる時間は、お互いの相性次第です。特に希望がなければ会っている時間を打ち合わせしたりはしません。

 

風俗とは違って、キッチリ60分、90分などとは定められているものではないからです。強いて言うならばお互いの【空気】で決まります。

 

基本的には、男性が果てた時点でシャワーを浴びて解散すると言うのが一般的なサポの流れです。特に、サポを仕事と割り切ってる女性相手だと短い時間で終わることが多い。あまりに事務的な対応をする女性だと会話を避けて、サッサとシャワーを浴びてエッチへと誘導してきます。なぜなら、プロの女性は短時間でサポの時間を終わらせたいのは本音だからです。

 

だから、もしも長時間の割り切りの出会いを希望する場合は事前にメールで相手に確認することが必要になります。もしくは、相手と直接出会った後に時間について確認します。

 

サポの相手は見ず知らずの人間です。援交する相手と過ごす時間が楽しいものであれば時間が長くても良いかもしれません。しかし、相手と過ごす時間が苦痛であれば、サポの時間を定めてしまうことで拘束感を感じてしまいます。その場合は、むしろ苦痛になることでしょう。だから、メールでの打ち合わせ時には特に時間制限については触れないケースが多い。

 

結局、サポの出会いは、お互いの相性次第で会っている時間が決まる。会話が弾むようであれば、2時間以上の出会いに発展。更には、お泊りにまで発展するケースもあるからです。それ以外は、性行為が終わった後にサポの時間が終了すると思って良いです。

 

標準的なサポのスケジュール

セミプロや業者の女性は以下のようなタイムスケジュールで推移します。しかし、デートや食事などを織り交ぜたサポの場合は以下の流れには収まりきれずに2時間以上の出会いになるケースが多い。

 

待ち合わせ場所で出会う(10分以内)

ホテルへの移動(10分以内)

ホテルに入室後のトーク(10分以内)

シャワー(5分程度)

エッチ(30分以内)

アフタートーク(5分程度)

解散

 

所要時間〜合計70分以内

 

サポ掲示板